F1GPが開催されるモナコはそもそもどこなのか

モナコのGPであるグランプリは、モナコ公国にあるモンテカルロ市街地のコースを使って、全世界から訪れたF1の世界の強豪たちが、車の速さを競うことで戦いが行われる、世界選手権レースの一戦のことです。このグランプリとインディ500、ル・マン24時間レースは、世界3大レースであり、モナコにおいてのシンボルといえる国を挙げての有名なレースとなっています。開催される時期には、沿道に多くの国から観戦客が押し寄せる、熱気あふれるレースの状況が動画配信されたり、ニュースになったりもしています。F1のGPが開催されるモナコは、南フランスの地中海にあり、イタリアとの国境にも近い場所にあり、周りはフランスで囲まれています。地中海に面しているので風光明媚な風景と新鮮な食材を使った美味しい料理を楽しめるイメージが強い国です。

F1を開催するモナコのGPは歴史ある大会です

F1を開催するモナコのGPは、初回が1929年から始まっていますので、100年ほどの長い歴史があり、F1レーサーでしたら誰もが一度は憧れる、頂きの大会となっているのです。ドライバーとしての最多勝利と記録されているのは、ブラジルのアイルトン・セナで、彼はこの世界においては神のような存在です。あまりレースに詳しくない人でも、アイルトン・セナの名は聞いたことがあるでしょう。そしてこのレースの特徴は市街地の一般の道路がサーキットとなっていることです。中心街の約3.3キロの道のりがサーキット場となり、ここを車が76周して競うことになります。街全体を巻き込んでのスピードレースは圧巻で、沿道には多くの観光客がお気に入りの国や選手を応援している姿で埋め尽くされていくことになります。このような熱狂の渦の中で行われるのがモナコのGPの特徴です。

F1のモナコのGPは国をあげての一大イベントです

モナコは世界で二番目に小さい国ですが、F1の世界のモナコのGPにおいては世界の首位の位置を誇っている大きさです。会場となる市街路は狭くて曲がりくねり急斜もとても激しい道です。その中を多くのレーサー達が、首位を目指して駆け抜けていくわけですから、スリリングな光景です。レース自体は2時間ほどで終了なのですが、準備が始まるのは2ヶ月も前から着々と進み、道路の脇にはガードレールや客席なども取り付けられて、最終的には大掛かりなサーキット場へと街は変身するのです。モナコの国としての観光イベントとしても、他国へ向けてのアピールになりますから特に大きな力が注がれています。車好きな方はもちろんですが、そうでなくても十分にエキサイティングなレースが楽しめますので、観光としてF1のGPに訪れてみるのもお勧めです。

現在はF1観戦ツアーを主力サービスとしてご提供しております。 F1レースのスタンド席観戦券の中でも、グランドスタンド席、ストレートエンドのスタンド席ばオーバーテイクシーンが目の前で味わえるのでお勧めです。 どんなF1観戦券も手配できますので、ご希望に合わせて観戦券を自由に選択出来ます。 当社のF1観戦ツアー会社は最安値ですが、値段以上にツアーのクオリティにも注目してください!F1モナコGPは最新情報が常に更新されるので要チェックです